うるおいをキープできる保湿成分が配合されていること 肌の保水力を高めるためには、うるおいを長時間キ...

保水力のある化粧水の見分け方ポイント

うるおいをキープできる保湿成分が配合されていること
肌の保水力を高めるためには、うるおいを長時間キープできる保湿成分が欠かせません。保水効果に優れた保湿成分がたっぷりと配合されているかをチェックしましょう。特におすすめの成分はセラミドです。セラミドは角質層の大半を占める成分で、これが不足すると肌に水分を溜め込む力が衰えるため、かさつきやすくなります。
水分の蒸散を防ぐ処方で作られていること
保湿効果を長時間キープできない理由のひとつとして考えられるのは、肌の水分が蒸散しているということです。年齢を重ねるほどに水分が蒸散しやすくなるので、肌の内部を保湿するだけでは保湿効果を持続できなくなってしまいます。そこで、肌表面を膜で覆い水分の蒸散を防ぐ処方で作られているものを選ぶ必要が出てきます。
コラーゲンを生み出す力を高めてくれること
保水力を高める方法として、外からの保湿だけでなく、肌の内側でコラーゲンの生成を高めるケアがあります。肌の保湿には欠かせないコラーゲンは、肌の奥まで浸透しにくいという特徴があるので、内側から産生する必要があります。ですから、コラーゲンの産生をサポートする成分を配合した化粧水を使用するのがおすすめです。